本当に北の国から2

続きです。

草太が正吉を喫茶店に呼び出します。

ステンドグラスが素敵ないい喫茶店ですね。

私が通っていた小学校は、階段の所の窓がステンドグラスな箇所がありました。

卒業生からの贈り物らしいです。

日が入ると綺麗でした。

話は戻って

汗を拭く正吉がなんかいい(笑)

草太にいちゃんが正吉と近いです。

正吉のこと可愛いんだろうなと思います。

小さい時から知ってるから。

草太にいちゃんオラこんなに考えたのは初めてだ

オラなんていうのは悟空と草太にいちゃんだけ。

富良野では多分いないと思われ

いるのかな?いたらすいません。

私は、草太にいちゃんのオラ言葉好きです。

正吉に蛍と結婚しろといいます。

草太にいちゃんの説得は凄いです。

草太にいちゃん正吉、おまえ蛍のこと嫌いか?

正吉そんなことないけど

草太だべ!本当は好きだべ。惚れとったべ。

嫌いじゃないと言うとここまで言う草太にいちゃん(笑)流石です(笑)

草太しかしここで小さい問題がある。蛍の腹ん中に赤ん坊がおる。あの不倫相手の子供だ。

そいつとは終わったという草太。

正吉でも、蛍ちゃんがなんて言うか

草太の説得は続きます。草太おまえなんの為に自衛隊にいたんだ。国を守るためだべ?それはつまり家族を守ることだ。黒坂家は、おまえにとって家族だ。

ほとんど無理矢理ですが、草太にいちゃんは大真面目で話します。

帰ってきてボーッとしている正吉。

純と暮らしてます。純が話しかけても夢見心地な顔をして、話も聞いていません。

そして純に明日、札幌に行くと言います。

何も知らない純は平常運転な感じですが、正吉はボーッとしてます。

しかし決心はすぐについているようです。

純なら悩んで悩んで何日もかかりそうですが、正吉はすぐに決めたようです。

この態度は新たに多くのファンを得とくしました。

そして札幌へ

続く