インドアグリーン、とは。

入院生活に、やっと終わりが見えてきた今日

ついにプッツンしちまいました私が

長引く入院で、不機嫌MAXなわが子。

家に帰りたい、外に出たいとぐずりまくり、何時間も体力あるなぁ

私の方も、水ぼうそうからの数週間に及ぶ看病生活と、入院してからの睡眠不足もあって、もう精神的に完全ガス欠。。。

連れ合いが病室に来てくれた途端に、疲労がピークに達した私は、気を失うように

30分眠りました

入院生活、病室からほとんど出られないって、やっぱものすごいストレスです。

そんなことを思うのはお門違いだと分かっていても、じゃあねと帰っていく連れ合いを見るとしかも火の国まつりに行ってる私が行きたいのにぃぃぃぃぃ泣いいよなぁ、家に帰れる人は私なんてトイレもなかなか行けないんだぜ?と思ってしまう。

なんかこのフラストレーション、何かに似てるなと思ったら、新生児期の暗黒の1月に似てたんですわ

眠れない、一日中母乳吸われてる、どこにも行けない、トイレもなかなか行けない。

何も自分の自由にならない、ストレスを吐き出す場もないし、そもそもこういうことをストレスだと思っちゃいけないのかも結果、けっこうひどい産後欝に。

母になるということは、長年夢見て、やっと叶った願いだけれども、

そこから本当にたくさんの贈り物を受け取っているんだけど、

それでも泣きたくなる時も

ほんで、もう絶対2人目なんていらない!!!とか思ったりする

子どもを持ったとしても、持たなかったとしても、

どちらにも素晴らしい実りがある。

子どもだけじゃない、人生の2択には、常にそれがつきまとう。

けど分かっちゃいるけど、泣きたいんだよーーーー

な瞬間、そんな女性を支えるカウンセラーでありたいな、と思いました。

そしてね、闘病する子どもを支えるため、何カ月、何年も病院でともに過ごす家族、その愛と献身、苦しみたるや、ものすごいものだと、改めて思いました

と、こんな私の癒しはやっぱり

瞬間帰宅、シャワーの前に、まずは植物!!!

大きくなったね〜、元気しとったか〜い?

一日ぶり

でもほんの一日でも、たくさん咲くハイビスカス

けなげだでも咲き終わったつぼみがボトっと落ちるのは悲しい

水槽ガーデンも美しく茂り、稚魚は一回り大きくなり、元気に泳ぎ。

ほんの短い間の帰宅でしたが、癒されました。こんな時にすごく共感できるのは、

庭にいるとき、地球上のどこにいるより

わたしはわたしらしくいられる

画像はPinterestより

植物に触れて過ごす時間は、何よりのストレスケアだなと感じます。

と、いうわけで、自分のストレスケアのため、今夜もせっせとPinterest。。。

本日のお題は、

インドアグリーンとは、ガーデニングとは、なんぞや

ガーデニング、と言われると、たいていの人が思い浮かべるのは、一戸建ての庭や広い花壇で、きれいなお花を植えたり、芝生や木を植えたりてなもんでしょうか。

そもそも、そのイメージを持って考えると、インドアグリーンもガーデニングなんだ?!ってとこから始まるのでは。

そして、インドアグリーンというのも、これまた幅広い。

例えば

こんな屋内のオアシスなんてすばらしい。はたまた

こんな渋めも、うっとり

なんですけど。

ここまでしなきゃ、インドアガーデニングじゃない?

いいえ!

私自身、昔はガーデニングに全く興味がありませんでした。

ガーデニングって、大変だし、虫がいるし、なんでそんなことしたいんだろうとまで思っていたくらい。

思えば、ガーデニングというものを、ステレオタイプで大げさに捉えすぎていたんですね。

今、ベランダガーデン推進委員会自称として思うのは、

Anyonecanlivegreen

誰だって、どんな環境だって、人はグリーンに生きられる!

でも、多忙かつ困難な住宅事情を抱える現代人からすれば、庭もないのに、どうやってとなることでしょう。

今日は、小さなものから大きなものまで、Pinterestにあった、素敵なインドアグリーンたちをご紹介したいと思います。

この写真を見たとき、ちょうどこれと似たテーブルがmiestiloに入っていたことを思い出しました。そうか、植物専用テーブル、まずはそこから始めればいいのか!鉢の色調をそろえつつも、高さに違いを出してるところにセンスを感じます。

試験管、これもmiestiloを思い起こすアイテム。早く師匠に会いたい泣たくさんの試験管に、こんな風にグリーンだけ、でもこんなに華やか。

ほんとにスペースが無いからというときは、この一列だけでいい。ベンチを窓辺に、上に日光の好きな子、下に日蔭の好きな子。

こんなかんじなら、水やりもしやすそう。

この写真、シェルフに並べただけだけど、鉢の色がモノトーンに統一されているだけで、緑一色でもこんなにはっと人目を惹く。

シェルフを使えば、効率よくスペースが使える。

私もベランダでこの戦法を使っています。

これはちょっと難易度高めだけど、でも実現できたら素敵だろうなぁ。緑の中のベッドルーム、リラックスして眠りに落ちそう。

この写真を見て、友人宅のリビングを思い出しました。築40年以上の、古いマンションの、小さなキッチン。

瑞しい植物が、その古さに映えるんですよねこれなら十分、日本でも実現可能。

欲を言うなら、こんなバスルームをつくってみたい。湿気大好きな植物は、バスルームの強い味方。もし自宅のバスルームに窓があるなら、ぜひシダやアイビーを!

そしていつかは、こんな風に天井まで有効活用できるようになりたいこれだけたくさんの植物があれば、空気も少し澄んでくるのでは。

ところで、話は変わって

これ、なんだと思いますか。

お気づきでしょうか。これ、水槽の中です。ビオトープといって、魚や植物を使い、水生環境を作り上げること。

まるでおとぎ話の森にいるみたい。

私がしてみたいのは、これなんです。

水草が茂る木、悠と泳ぐ魚たち

うっとり

水槽、魚、というと、それはペットだよね?と思う人もいるでしょう。

でも、これで分かるように、水槽も、立派なインドアグリーン、インドアガーデンだと、私は思うのです。

ガーデニングって、なに?と聞かれたら、

植物を中心とした命をはぐくむこと

インドアガーデンって、なに?と問われるなら、

どんな狭いところにも生み出せる、あなただけのお庭

狭くても、日当たりが悪くてもできる、

インドアグリーンの可能性を追求していきたいと思います!

Yourownwebsite

AmebaOwnd