58歳の父親が体中の筋筋肉がつっぱり困っています。どうしても助けたい

------------------------------

アメーバブログ脳神経外科0165

58歳の父親が体中の筋筋肉がつっぱり困っています。どうしても助けたい

テーマ

緊張型頭痛或は緊張型及び緊張型に伴う複合病態

知覚異常性大腿神経神経痛本当は神経痛ではないのですが

meralgiaメラルギアパレステチカ

RothBernhartd症候群ロスベルンハルト症候群という

2種類の疼痛系の病態の複合

------------------------------

------------------------------

お名前匿名希望

お忙しいところ本当にすみません。

いろいろ調べていたら

山本クリニックのにたどりつきました。

相談掲示板利用です。

でも父親を助けたく、

どうしても相談にのっていただきたくて

無理を承知でメールしました。

返事をいただけなくても当然と思ってます。

非常識で本当にすみません。

58歳の父親が約10年間から

体中の筋筋肉がつっぱり困っています。

現在特にひどい状態です。

30代で胃がんの手術と腸閉塞の手術、

40代で右手小指を粉砕骨折

50代で甲状腺がんの手術をしました。

数年前にこむら返りがよく起こり

1度救急車で運ばれました。

整形外科内科脳神経外科心療内科漢方とまわり

いろいろ検査しましたが異常が見つかりません。

痛みしびれではなく一日中つっぱった感じです。

こめかみあたりから胸足まで体全体です。

1日の中でもだんだんひどくなるらしく

仕事が終わるころには

顔色が青白くなってるらしいのです。

最近は体のだるさも伴い、

たまに起床時めまいがします。

唯一神経内科にはかかってないのですが、

このような症状でかかることはできますか。

よろしくお願いいたします。

2006年5月15日10時41分3秒

------------------------------

ペインクリニック山本クリニック世田谷

ペインクリニック山本クリニック世田谷

ペインクリニック山本クリニック世田谷

ペインクリニック山本クリニック世田谷

ペインクリニック山本クリニック世田谷

ペインクリニック山本クリニック世田谷

ペインクリニック山本クリニック世田谷

ペインクリニック山本クリニック世田谷

ペインクリニック山本クリニック世田谷

これはさぞかし御心配であろうと存じます。

御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。

御相談者の御父様を慈しむお心がとても

伺える御相談です。

御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

典型的な

緊張型頭痛或は緊張型及び緊張型に伴う複合病態

知覚異常性大腿神経神経痛本当は神経痛ではないのですが

meralgiaメラルギアパレステチカ

RothBernhartd症候群ロスベルンハルト症候群

という2種類の疼痛系の病態

の複合で御座います。

いずれも

実際に現実的には正診断率の大変低い疼痛系の病態

でございます。

しっかり治されるためには頭痛機能性末梢神経障害

にお強い脳神経外科専門医先生ペインクリニック専門医先生

の治療戦略が必要です。

よく自律神経失調症坐骨神経痛更年期障害脊椎の疾患

うつ状態うつ病

症候群などと間違われるのです。

異常所見無しで宜しかったです。

下記に順を追って御回答致します。

お忙しいところ本当にすみません。

いろいろ調べていたら山本クリニックのにたどりつきました。

相談掲示板利用です。

でも父親を助けたく、どうしても相談にのっていただきたくて

無理を承知でメールしました。返事をいただけなくても

当然と思ってます。非常識で本当にすみません。

58歳の父親

約10年間から体中の筋筋肉がつっぱり困っています。

現在特にひどい状態です。

30代で胃がんの手術と腸閉塞の手術、

40代で右手小指を粉砕骨折

50代で甲状腺がんの手術をしました。

数年前にこむら返りがよく起こり1度救急車で運ばれました。

整形外科内科脳神経外科心療内科漢方とまわり

いろいろ検査しましたが異常が見つかりません。

痛みしびれではなく一日中つっぱった感じです。

こめかみあたりから胸足まで体全体です。

1日の中でもだんだんひどくなるらしく仕事が終わるころには

顔色が青白くなってるらしいのです。

最近は体のだるさも伴い、たまに起床時めまいがします。

唯一神経内科にはかかってないのですが、

このような症状でかかることはできますか。

よろしくお願いいたします。との事です。

御相談者の御父様ですが。

御相談者は御父様は肩こり頸こり背中こり

を元来御持ではないでしょうか。

もしも御相談者の

御父様に肩こり頸こり背中こりが

元来よりお強い様であれば。

御相談者の御相談内容要旨御記載の

症状症候からは

典型的な

緊張型頭痛或は緊張型及び緊張型に伴う複合病態

知覚異常性大腿神経神経痛本当は神経痛ではないのですが

という

病態です。

痛みしびれではなく一日中つっぱった感じです。

こめかみあたりから胸足まで体全体です。

との事です。

胸は緊張型の

背中バリバリ症候群あだ名ですの

前への押し寄せの症状症候です。

実際に現実的には正診断率の大変低い

疼痛系の症状症候でございます。

現在特にひどい状態です。

30代で胃がんの手術と腸閉塞の手術、

40代で右手小指を粉砕骨折

50代で甲状腺がんの手術をしました。

数年前にこむら返りがよく起こり1度救急車で運ばれました。との事です。

緊張型頭痛或は緊張型及び緊張型に伴う複合病態

知覚異常性大腿神経神経痛本当は神経痛ではないのですが

meralgiaメラルギアパレステチカ

RothBernhartd症候群ロスベルンハルト症候群

いずれも

延長線上あるいは同一線上にある病態。

緊張型頭痛或は緊張型及び緊張型に伴う複合病態

の患者さんが

おみ足の知覚異常性大腿神経神経痛本当は神経痛ではないのですが

にいたみが逃げ回ったり。

逆に

おみ足の知覚異常性大腿神経神経痛本当は神経痛ではないのですが

の患者さんが症状症候が改善され

肩こり頸こり背中こりに化けて逃げ回る

ことが御座います。

2月67月、9月11月に症状が悪化発症

7することが多いです。

月木に症候悪化がくることが多いものです。

月木おちsaturday-sunday-mondayfall

早朝に症状症候が発作的に出現する事も特徴です。

救急車騒ぎをよく起します。

入浴にて症状症候は著明に改善致します。

この症状症候の患者さんは

口腔内細菌感染或いは上気道感染

咽頭炎喉頭副鼻腔炎などの

反復をされていらっしゃことが多いのですが如何でしょうか。

反復性上気道感染です。

ドライサイドドライブdrysidedrivedsd

即ち脱水状態でお体をキープされることにもう慣れられて

この症状症候は起こるようになります。

体温変化はデルタ線維という

感覚神経の細い線維で情報伝達されるのだけれども

このデルタが頚部暖房エアコン中など外部温度変化により

不調よく漏電と説明をおこして発症する

疼痛系の病態です。

鎮痛剤は全く奏功致しません。

緊張型頭痛或は緊張型及び緊張型に伴う複合病態

知覚異常性大腿神経神経痛本当は神経痛ではないのですが

の場合

治療法ですが筋肉を柔らかくする即効性持続性のお薬を内服、

外用薬も用いて場合により神経ブロックを施行いたします。

神経ブロックといっても

星状神経節ブロックは全く効果がありません

緊張型の場合の神経ブロックとは異なり

知覚異常性大腿神経神経痛本当は神経痛ではないのですが

に対しては神経根ブロックという神経ブロックを致します。

緊張型頭痛或は緊張型及び緊張型に伴う複合病態

特徴につき補足1に。

緊張型頭痛或は緊張型及び緊張型に伴う複合病態

の症状症候発生の時間依存性につき補足2に。

緊張型頭痛或は緊張型及び緊張型に伴う複合病態

の緊張型しびれあだ名ですについて補足3に。

緊張型頭痛或は緊張型及び緊張型に伴う複合病態

の患者さんの前への押し寄せの症状症候について補足4に。

知覚異常性大腿神経神経痛本当は神経痛ではないのですが

の特徴につき補足5に。

御記載致します。御参考になれば何よりです。

6結論

御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

唯一神経内科にはかかってないのですが、

このような症状でかかることはできますか。

よろしくお願いいたします。

との事です。

この病態は神経内科専門医先生の範疇はんちゅう

の病態ではありません。

だから

適切な表現が思い浮かばないのですが

普通に考えれば

神経内科専門医先生では歯が立たないと考えます。

しっかり治されるためには

頭痛機能性末梢神経障害にお強い

脳神経外科専門医先生ペインクリニック専門医先生

を御受診されるのが宜しいと考えます。

但し脳神経外科専門医先生或はペインクリニック専門医先生でも

頭痛機能性末梢神経障害に苦手な先生もいらっいます。

全く病態名称すらちんぷんかんぷんなこともあります。

このことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。

的外れなことを申し上げたかもしれません。

けれどもご参考になれば何よりで御座います。

御相談者の御父様を慈しむお心がとても

伺える御相談です。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

上記あくまでもご参考にまでお留めおき

ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

補足1

緊張型頭痛或は緊張型及び緊張型に伴う複合病態の

特徴につき補足1に。

さて緊張型頭痛或は緊張型及び緊張型に伴う複合病態

には特徴がございます。

残像が強く光が嫌いでは

肩こり頸こり背中凝りひどくないですか。

視覚に写るものの影が薄く印象が乏しくありませんか。

忘れ物が多くなっていませんか。

土日曜日には決まって頭痛あり月曜日体調不良では。

お水を飲むとお化粧室直行のミルクのみ人形現象あだ名ですは。

アレルギーもしくは呼吸器感染の反復は

光音に過敏になられていませんか。

就眠時にお布団を抱え込むようにして右下でお休みになられていませんか。

10

就眠中夜中午前1時、4時にぴたりと目の覚める睡眠障害は。

11

目の奥がチクチク痛んだり眼球が乾いた感じがしませんか。

12

眼球結膜が赤くなって慌てられたことはありませんか

おおくは片側です。

13

低い枕でないとお休みになれないのでは

14

節分12月そして梅雨のころ胃が痛かったことは胃ばけあだ名です

15

物が飲み込みにくく腹部が張った感じがされませんか。

16

休日が窮日になり上手に休息を取れない特徴は如何でしょう。

17

終末に具合が悪くなりませんか。

18

いつも眠気が取れず思考力が低下している感じがしませんか。

19

腕、肩、背中一面の重さや指先の重さしびれ感

はありませんか。

20

俗に言う貧血でふわふわ感やくらくら感

がくることはありませんか。

21

耳鼻の奥の閉塞感はありませんか。

22

水分が足りずお顔や特に手掌が赤くなってはいませんか。

23

喉の乾きによる喉の痛み違和感がおありではないですか。

24

口腔内に唾液分泌は少ないのだけれども唾液が溜まっている

感じはありませんか。

25

咳をすると痛みませんか。

26

下をむくと辛い感じがされませんか。

バーバーズサインBarberssign:理髪店症候

27

他のかたと視線を合わせるのに臆病になられていませんか。

28

急に体がフワフワと鋭角的にシフトするような感じがしませんか。

29

お布団の上でお休みになるとき枕の上に頭をのせると

天井がゆれませんか。めまい感がされませんか。

30

肋骨や腹部が痛くは有りませんか。

肩こり背中凝りの前への押し寄せの症状症候

で御座います。

31

甲状腺機能の異常所見を指摘されたことが

おありではないでしょうか。

32

左側のほうが痛くはありませんか。

33

後頭部や後頚部にしこりのようなものがあり

さわると痛くないでしょうか。

以上の項目は緊張型の不思議だじが重用な特徴です。

補足1おわり

補足2

緊張型頭痛或は緊張型及び緊張型に伴う複合病態

の症状症候発生の時間依存性につき補足2に。

緊張型頭痛或は緊張型頭痛或は

緊張型及び緊張型に伴う複合病態

には症状症候発現に時間曜日月などの

時間帯依存性が御座います。

これらを下記に記載いたします。

2月67月、9月11月に症状が悪化発症

febjunefallcrisisすることが多いです。

月木に症候悪化がくることが多いものです。

土日が休日ではなく窮日になり

週末頭痛週末症候群の状態になります。

よく土日にめまい感胃痛悪心嘔吐でたまりかねて

救急車騒ぎをおこさることが御座います。

早朝もしくは朝の起床時に30分以内に

症状症候の増悪することが多いものです。

よくめまい感胃痛悪心嘔吐

でたまりかねて救急車騒ぎをおこされます。

午後眠くて致し方がない症状症候できます。

11月ー12月にしびれ感が

上肢或は下肢におきたりふわふわ感が起きたり致します。

皮肉なことに俗に言う風邪をひかれた後に症状症候

が発現して診断がつかないことが御座います。

10

細菌性気管支炎

或は反復性上気道感染をおこされ

無菌性髄膜炎と診断されることが稀ならずあります。

11

10ならずとも耳鼻の奥の閉塞感の

症状症候が発生することもあり

耳鼻科専門医先生で御診断が付かないことが

多いものです。

上記は緊張型の不思議だが

重用な時間曜日月依存性傾向の特徴です。

補足2おわり

補足3

緊張型頭痛或は緊張型及び緊張型に伴う複合病態

の緊張型しびれあだ名ですについて補足3に。

しびれがあるとのことですが。

下記については如何でしょうか。

緊張型頭痛或いは緊張型及びその複合病態

では特有なしびれ感が症状症候としてでます。

手指の親指人指指第1第2指か

小指薬指第4第5指に

絵に書いたようなしびれ感があるのが特徴ですが如何でしょう。

まずほかの手指には来ません。

男性が腕時計を眺める上肢の部位にしびれ感があるのが

特徴で御座います。

如何でしょう。

また手のひらが赤く霜降り状の白い斑点がないでしょうか。

これらの症状症候は朝方強いという特徴

が御座います。

このしびれ感は

頚椎の病気頚椎症とか頚椎椎間板ヘルニア

が原因と間違われることが多くこの場合は厄介です。

皮肉なことに脳から

脳神経外科専門医の疾患である

キアリアーノルド奇形

脊椎空洞症等と間違われることがあります。

上肢にしびれ感のある患者さんは下肢にも

また下肢にしびれ感のある患者さんじは下肢にもしびれ感の

有ることが多いものです。

下肢のしびれ感の場合は足指の親指薬指の根元、

足の甲足背部踝外側大腿にしびれがきます。

10

下肢のしびれ感の場合膝の裏が糊付けされたような

張り紙様の硬さで張っていることが多いものです。

11

おおくの場合末梢循環障害とりわけ下肢静脈還流不全状態

で疼痛性歩行障害にいたることが御座います。

12

またこのしびれ感はおかお特に下口唇にしびれ感

を併発することが御座います。

13

またしびれ感とも異なるのですが

緊張型頭痛或いは緊張型及びその複合病態の

患者さんは肘関節の甲のほうに軽い疼痛があるのが

特徴でも御座います。

補足3おわり

補足4

緊張型頭痛或は緊張型及び緊張型に伴う複合病態

の患者さんの前への押し寄せの症状症候について補足4に。

緊張型頭痛或は緊張型及び緊張型に伴う複合病態

の患者さんの背中バリバリ症候群あだ名ですの

前への押し寄せの症状症候の胸痛につき。

海辺の外科先生はこの胸痛の症状症候に対して

気胸や潜水病と鑑別が旨く御経験豊富なためお得意でいらっいます

この胸の痛みは緊張型頭痛及び緊張型による複合病態

の患者さんによく出現いたします。

心臓痛と勘違いされて心配されたり

脳神経外科専門医先生以外の先生の場合

心臓の精密検査をされることもあります。

肩こりの胸への押し寄せと考えて頂くと宜しい

ものなのです。

御相談者の御相談内容からは

緊張型頭痛及び緊張型による複合病態

の症状症候の一環でございます。

因みに

海辺の外科医先生は救急疾患である潜水病や自然気胸

との鑑別で日常茶飯事になられております。

この病態には

大変お得意でいらっしゃいます。

緊張型頭痛及び緊張型による複合病態と同一延長線上の

病態と考えられていただけますか。

補足4おわり

補足5

知覚異常性大腿神経神経痛本当は神経痛ではないのですが

の特徴につき補足5に。

知覚異常性大腿神経神経痛本当は神経痛ではないのですが

につき

山本クリニック脳神経外科神経内科相談掲示板

の過去の御相談と御回答の内容の一部を位下に

御記載致します。御参考になれば何よりです。

長いですから結論だけ御読みいただいても

結構です

この症状症候は

知覚異常性大腿神経神経痛本当は神経痛ではないのですが

のように考えます。

1895年Rothによりmeralgia

と命名され

Bernhardtにより外側大腿皮神経パレステジア

と記載されました。

知覚異常性大腿神経神経痛

或はmeralgiaメラルギアパレステチカ

RothBernhartd症候群などと呼称されますが。

本邦ではまず通じません。

知覚異常性大腿神経神経痛

本当は神経痛ではないのですが

の特徴を3に記載いたします。

この腰痛下肢痛には特徴が御座います。

腰痛を伴い疼痛或はしびれ感は

まずは

大腿外側から発症するものです。

膝関節痛或いは

更には下肢外側痛或は脹脛痛として広がります。

このしびれ感はある朝或は就眠時就眠中に

突如として出現することが多いものです。

けれども運動神経麻痺は全く伴いません。

しびれ感の特徴は

弱い電気を感じられているビリビリする様な御自覚症状

と考えます。

下肢足の親指付け根薬指の付け根

踝の上大腿外側にしびれ感症状症候が

あることが多いものです。

下肢しびれ感の場合体重をかけていると

消失或は著明に軽減致します。

入浴にて浮力で体重負荷が無くなると

症状症候は軽減致します。

けれども浴槽からでた後に急激に

症状症候が増悪することが多いものです。

10

いすに座ったりして体重負荷が減じると症状症候

は増悪して足指先端の冷痛感で激痛にばけることも

御座います。

11

下肢のみでなく上枝にもしびれのあることが多いものです。

如何でしょうか。

12

上枝のしびれ感の場合

手指の親指人指指第1第2指か

小指薬指第4第5指に

絵に書いたようなしびれが御座います。

13

更に上肢の場合

男性が腕時計を眺める上肢の部位にしびれ感があるのが

特徴で御座います

14

下肢痛で御診断が付かず苦労される患者さん

が知覚異常性大腿神経神経痛では後をたちません。

15

時として疼痛性歩行障害にすら至ります。

16

機能性末梢神経障害であり画像診断には異常所見

が得られないため正診断率の大変低い

疼痛系の症状症候でございます。

17

神経ブロック或は神経根ブロック

或は硬膜外ブロックが著効致します。

18

症状症候のレベルを間違えられて

おしり臀部直上のブロックを施行されることが

稀ならず御座います。

19

これらの

仙骨孔ブロック或は

硬膜外ブロックの仙骨ブロックを施行されても

一向に良くなりません。

緊張型頭痛或は緊張型及び緊張型に伴う複合病態

の延長線上あるいは同一線上にある病態に

知覚異常性大腿神経神経痛本当は神経痛ではないのですが

という病態概念が御座います。

知覚異常性大腿神経神経痛

本当は神経痛ではないのですが

の症状症候は正診断率の大変低い

疼痛系の症状症候でございます。

主役は外側大腿皮神経という有名神経であり

第23腰神経前枝の後部から発生する

有名な神経で御座います。

末梢神経名称でいけば

外側大腿皮神経が病態の主役であることが多いものです。

2神経根といえば

陰部大腿神経

外側大腿皮神経

大腿神経

閉鎖神経の源流です。

神経ブロックでは

外側大腿皮神経ブロック

或は

神経根ブロックでは

2神経根神経根ブロックが著効致します。

上記の神経ブロック或は神経根ブロックによる

治療はペインクリニック専門医先生が専門と致します。

4結論

知覚異常性大腿神経神経痛本当は神経痛ではないのですが

或は

1895年Rothによりmeralgiaと命名されて

Bernhardtにより外側大腿皮神経パレステジアと記載された

病態なので御座います。

X線撮影などの画像診断では異常所見

が得られないために機能性末梢神経障害による

症状症候と呼称されます。

機能性疾患即ち画像診断或いは眼で見えぬものの

処遇治療戦略に失念するという臨床診断学

の苦手な中枢神経系専門医先生の場合

で異常なしでこれより先に診断戦略

が発展致しません。

知覚異常性大腿神経神経痛本当は神経痛ではないのですが

RothBernhartd症候群ロスベルンハルト症候群

meralgiaメラルギアパレステチカ

の病態概念は俄かには

本邦ではまず通用しません。

腰痛下肢痛感覚障害知覚障害をしっかり治されるためには

頭痛機能性末梢神経障害にお強い脳神経外科専門医先生

ペインクリニック専門医先生を御受診されるのが宜しいと考えます。

但し脳神経外科専門医先生或はペインクリニック専門医先生でも

頭痛機能性末梢神経障害に苦手な先生もいらっいます。

このことは何卒に御銘記下さいませ。

補足5おわり

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

2006年5月21日12時22分5秒

------------------------------

アメーバブログ脳神経外科0165

58歳の父親が体中の筋筋肉がつっぱり困っています。どうしても助けたい

テーマ

緊張型頭痛或は緊張型及び緊張型に伴う複合病態

知覚異常性大腿神経神経痛本当は神経痛ではないのですが

meralgiaメラルギアパレステチカ

RothBernhartd症候群ロスベルンハルト症候群という

2種類の疼痛系の病態の複合

------------------------------