たまごっちで大号泣

我が家は動物飼育禁止。

理由は母が動物をかなり苦手とするため。

害虫はいいの。バシーン!と退治できるので。

その他の昆虫や小動物や魚系は本当に無理。

触れないし近寄れない。猫も犬もハムスターも無理。

最近ようやく猫と犬は触れるし、かわいいと思えるようになった

こうなってしまったのは、幼少期に何度も金魚やら蛙やらうさぎを

死なせてしまったからじゃないかと推測する。

飼っていた動物が死ぬと悲しいし、どうしていいのかわからない。

その感覚が嫌なんだと思う。

はるこの誕生日にたまごっちをプレゼントした。

今のたまごっちは進化していて、学校に行ってる間は

面倒見れないことを想定してか、保育園みたいなところがある。

それ以外でお世話をほっておくと、病気になって死んでしまう。

この2月ほどは熱心にお世話をしていたのだけれど

6月末くらいからかなり手抜きになり、母が見ることが増えた。

昨日の夜のこと。

寝る前にたまごっちを見たら死んで幽霊になっていた。

母もいろいろ手が離せずお世話しなかったし、

はるこは最近ハマっているYoutubeをずっと観ていた。

放置されてたってわけですね。

その幽霊画面をみたはるこは号泣。

怖いーーー!!死んじゃったーー!!怖いーーー!!

どっちなんだよ!と思いつつ

ちゃんとお世話しないと死んじゃうって書いてあったでしょ。

Youtubeをのんびり観てる場合じゃなかったんじゃない?

と言うとさらに号泣。

何事か?と来たお父さんに説明したら

へえ、たまごっちってちゃんと死ぬんだね

と感心していた笑

これが本当の生き物だったら、本当に死んじゃうんだよ。

マシンのペットのお世話もできないのに、生物は飼えないでしょ

最近ハムスターだの猫だの金魚だのを飼いたいというはるこへの

忠告にちょうどいいネタになった。

今日から新たなたまごっちを育てているけれど

腫れ物に触るような対応してますわ笑